悪友

b0058500_1423030.jpg先日、故倉田先生の七回忌偲ぶ会を有志でいたしました。

お寺でお参りを済ませ、会食のお店へ。

思ったよりも道のりはながく、夕暮れの道を黙々と列をなして歩きながら、心のなかでは当時のシナリオへの思いをそれぞれが反芻しているかのようでした。

漸く会場に着き、ひとまず乾杯。

センターと、倉田先生との出会いを語るスピーチへ。

それが、なんと、センターとの素晴らしい出会いという内容よりも、「うさんくさいと思った」というスピーチ連続。

「素晴らしい学校」というよりも、「こんな変な学校はない!」という意見も。

そう仰ったOさんはおん歳九十二歳。人生経験ご豊富なOさんがつくづくそう思われるのですから、本当の本当に変な学校なのですよね!

変な、とか、うさんくさいとか言いながら、こんなに長いあいだ、家族のようにしてセンターでシナリオを勉強しているわたしたち。どんな褒め言葉よりも、この世にひとつきりの、信頼の言葉ですね。

昔、高校時代の恩師から、ともに真面目に勉強した友人よりも、ともに悪いことをした悪友とは、ながく交友をあたためられる、と教えられました。

わたしはその教えが大好きで、最近、恩師に、 「先生は昔、こんなことを教えてくださいましたね」とお手紙を書いたのですが、このようなお返事をいただきました。

「悪しき友こそ尊べ。いいことは誰でも誘える。悪いことを誘いかけるのは余程の信頼がなければできない。だから悪友というのは本当に自分を信頼し、深い人間関係を保ってくれている。だから悪友は大切。悪友と交じり合った自分を顧みて言ったんだな」と…。

本当にいい先生です。

わたしはセンターで、かけがえのない悪友を得ました。

ステキな家族でもあります。そして知らず知らずのうちに、尊んでいることを実感します。

ともにシナリオの悪友でいましょう!
[PR]
by nomelier | 2006-12-20 14:00 | Diary
<< 男と女 ニーナ >>