「ほっ」と。キャンペーン

男と女

b0058500_1464821.jpg「男と女」という20枚シナリオの課題があります。

この課題では、男と女の間の感情を描く人よりも、男というものは云々、女というものは云々、とディスカッションドラマを描く人が多いようです。

感情を描くには、せっかくのうってつけの課題なのに、残念です。

でも、なぜでしょう?

ディスカッションドラマで「男と女」を描く作者は、若い男性が多いようです。

ドラマとして「男と女」を描こうにも、「男と女」の考え方の違いがわからないので、作者のなかにいる、あい反する疑問をもつふたりに討論させているのではないかな、と思います。

昔は、女から男をわかろうとしたことはあっても、男から女へはあまりなかったのではないでしょうか?

でも、いくら昔といえども、そうはいかないのが人間の本音。本音としての男が、女のわからない部分へ疑問を抱き、悩み、追及しようと思って、立ち進んだことにより、文学、映画等の名作が生まれたのではないでしょうか?

わからないから魅力的なのであって、わかると少しも面白くないのに、わかろうとする。

でも相手が自分をわかろうとすることの目的がなにであるのかが、これがまた厄介で、蓋がしめられたままの状態で買わなければならない、なかみの見えないお弁当のようなもの。

 ともすればかろきねたみのきざしくる
 日がなかなしくものなど縫はむ

岡本かの子のうたです。

ものを縫いながら、家を留守にしている夫のことを思いめぐらし妬いている気持ち。

このうたのあと、かの子さんは文学、詩歌へと旺盛にいどみ、奔放な女性になったのですが、はたして女として幸せなのかどうか?

今の女性なら、ものなど縫いながら、例えば、シナリオのこと、考えよっ!となるのでしょうが…
[PR]
by nomelier | 2007-01-10 14:08 | Drama
悪友 >>