カテゴリ:Diary( 28 )

悪友

b0058500_1423030.jpg先日、故倉田先生の七回忌偲ぶ会を有志でいたしました。

お寺でお参りを済ませ、会食のお店へ。

思ったよりも道のりはながく、夕暮れの道を黙々と列をなして歩きながら、心のなかでは当時のシナリオへの思いをそれぞれが反芻しているかのようでした。

漸く会場に着き、ひとまず乾杯。

センターと、倉田先生との出会いを語るスピーチへ。

それが、なんと、センターとの素晴らしい出会いという内容よりも、「うさんくさいと思った」というスピーチ連続。

「素晴らしい学校」というよりも、「こんな変な学校はない!」という意見も。

そう仰ったOさんはおん歳九十二歳。人生経験ご豊富なOさんがつくづくそう思われるのですから、本当の本当に変な学校なのですよね!

変な、とか、うさんくさいとか言いながら、こんなに長いあいだ、家族のようにしてセンターでシナリオを勉強しているわたしたち。どんな褒め言葉よりも、この世にひとつきりの、信頼の言葉ですね。

昔、高校時代の恩師から、ともに真面目に勉強した友人よりも、ともに悪いことをした悪友とは、ながく交友をあたためられる、と教えられました。

わたしはその教えが大好きで、最近、恩師に、 「先生は昔、こんなことを教えてくださいましたね」とお手紙を書いたのですが、このようなお返事をいただきました。

「悪しき友こそ尊べ。いいことは誰でも誘える。悪いことを誘いかけるのは余程の信頼がなければできない。だから悪友というのは本当に自分を信頼し、深い人間関係を保ってくれている。だから悪友は大切。悪友と交じり合った自分を顧みて言ったんだな」と…。

本当にいい先生です。

わたしはセンターで、かけがえのない悪友を得ました。

ステキな家族でもあります。そして知らず知らずのうちに、尊んでいることを実感します。

ともにシナリオの悪友でいましょう!
[PR]
by nomelier | 2006-12-20 14:00 | Diary

不幸の中の幸せ

b0058500_19445675.jpg
先日、知人に付き添い、大学病院へ行きました。

総合待ちあいには病に悩むたくさんの患者さんたちが。

私の知人も病の不安に襲われています。

医療関係者には当たり前の毎日の光景であっても、ひとりひとり、患者さんの不安はさまざまです。

知人いわく、テレビも見たくないと。

確かにテレビは健康な人のための番組が多すぎます。

それに、病人にとっては、悲惨すぎて目をそむけたくなる事件の報道ばかり。番組制作関係者にとっては、当たり前なのでしょうが。

さまざまな仕事の、さまざまな関係者が、自分の関係していることに勤勉で、あるときには自分のおかれたカテゴリーしか見えないといった姿勢は、辛い立場にいる人や、社会から閉ざされてしまいそうな人を、より窮地に追いやることのように思え、知人がテレビを見たくないといった言葉が、シナリオに携わっているわたしには、重く響きました。

友だちが、ご主人の経営するブティックがうまくいかなくなって、夜逃げのように関西を去ったときのことを語っていました。

誰から見ても不幸この上ない夜逃げなのに、車の中でご主人と今までの楽しかった思い出話を繰りかえし、ずっと笑えていたと。

人から見ると不幸極まる状況でも、愛する人となら、お互いの笑顔を取り戻したくなって、冗談が言いあえるものです。

不幸なときこそ、冗談が言いあえるあたたかい関係を宝物に感じて、感謝したくなるものです。

不幸など誰しも願いたくはないけれど、不幸の中の幸せと、幸せの中の見えない不幸があるとしたら、不幸の中の幸せの方が、輝いています。

町に出れば若い人のためのお店。
自由にお金が使える層を狙ったファッション。
団塊の世代向けの企画。
悠々自適のシルバー層向けの旅行案内。

当たり前のことなのですが、それだけでいいのでしょうか?

テレビが見たくないという知人には、ラジオをプレゼントしました。

今度逢ったら、笑顔になれる話をしたいと思っています。
[PR]
by nomelier | 2006-09-14 19:45 | Diary

悲しい瞳 淋しい瞳

b0058500_19154124.gif
秋の夜長ではない季節音痴。夜中に目が覚めると、嬉しくなってしまう癖がついています。

静かな夜中。ぽっかり空いた時間を神さまにプレゼントされたような気分。

そんなときに読むための本があります。フランスの哲学者・アランの「幸福論」という本です。

ウイットとやさしさに充ちた人生への教訓が書かれています。

先日、「ヘーゲルは、直接的な、もしくは自然的な魂は、つねに憂愁に包まれており、いわばおしつぶされている、と言っている」という文章を読みました。

いつも爽やかな人。いつもお洒落で、気配りと笑顔の絶えない大人の女性。
そんな人が一人で町を歩いているのを垣間見たことがあります。とても悲しい表情をしていました。

いつもコケティッシュで、反面あどけなくて、男の子から注目されている女の子。彼女は勉強家で、男の子を射止めることよりも、勉強が大好き。
そんなビビッドな女の子の、一人ぽっちの後ろ姿を見たことがあります。斜め後ろから覗く瞳は、不安と淋しさを湛えていました。

憂愁とは、なんてステキなのでしょう。声をかけることも阻ませます。

あらゆる事件や出来事も、彼らの憂愁に包まれた魂を周囲が愛せなかったから起こるのでは?

魂はおしつぶされたままエンドレスなのかも…。

一人ぽっちでいる人。その人はどんな風にしているでしょう?

なにかをしているのではなくても、仮になにかをしていても、瞳はどんななのでしょう?
なにを視つめているのでしょう?

女優の岸恵子さんがエッセイで、「影のある人が少なくなってきた」と書いていました。
彼女が愛したさまざまな男性の影を綴った本です。

影はなぜ少なくなってきたのでしょう?

翳りのある男と言えば、愛してやまない「浮雲」の森雅之。
あの狡さと弱さとやさしさという色気は、この頃は見られない。なんと言っても格好いい。

でも森雅之が格好いいだけではなくて、あの時代にはいいシナリオがあったんだとつくづく…
[PR]
by nomelier | 2006-07-06 19:19 | Diary

歌ごころ

b0058500_2023511.jpg
先日、平安文学を教えていらっしゃる大学の先生にお目にかかりました。
まだずいぶんお若い女の先生です。

今の大学生は、講義が面白くないと、なんの反応もないとのこと。

それでなくても今は大学生へのアンケートが普通で、アンケートの質問には、「講義が面白いかどうか」というのもあるそうです。

紫式部、紀貫之、小野小町云々と言ったところで無反応。

そこで詩歌の心の流れを説明するのに、女性シンガー、一青窈の歌詞をあげられるそうです。

すると生徒たちの目は生き返ったように先生をみつめるそうです。

ハナミズキ(一青窈 作詞)

空を押し上げて 手を伸ばす君 五月のこと
どうか来てほしい 水際まで来てほしい
つぼみをあげよう 庭のハナミズキ
薄紅色の可愛い君のね
果てない夢が ちゃんと終わりますように
君と好きな人が 百年続きますように

せつせつと恋ごころを綴った平安文学に近い、想いというもののディテールが伝わってくる詩ですね。

シナリオの世界では、プロとアマ、いろいろと違いがありますが、想いのディテールという面では、締め切りに追われているプロにアマは勝てると思います。

特に恋ごころのディテール。やっつけシナリオでは描けませんが!

或る恋愛小説家の女性は、執筆の前にホルモン注射を打たれるそうです。するとホルモンが活性化して、ラブモードに入れるそうです。

小洒落たセリフもいいけれど、せつせつと想いの伝わるセリフを読み味わいたいものです。

窓をあけると初夏の月。ラブソングを聴いて、せつせつと綴ってみるのもいい…
[PR]
by nomelier | 2006-06-14 20:25 | Diary

ノスタルジー

b0058500_2035260.gif
ゴールデンウィーク、若葉薫るハイウェイへドライブに出かけました。

きらきら光を放つ新緑。人の心も再生されれば…。
本当にむつかしい人の心の再生。
描かれたシナリオが読みたい。ドラマが見たいと思いました。
 
お休みの間に、天王寺、阿倍野、通天閣、今里付近を散歩しました。

驚きました。通天閣はすごい賑わいです。

上まであがる予定をやむなく変更してジャンジャン横丁へ。

串カツ屋さんもすごい行列。

同行した姉の感想では、「三丁目の夕日」のノスタルジーの影響とやら。

昭和的というキャッチフレーズで、大阪の昭和的エリアがマスコミにとりあげられたのでしょうね。私のノスタルジーでは通天閣もジャンジャン横丁も鄙びていて、あくまでマイナーでなければ魅力を発しません。

メジャーになんかならないでほしい。マイナーで妖しげで危なげであってほしい。

メジャーな観光地へと刹那的に変身した光景を、淋しく感じました。

テレビを見ていると、亀田三兄弟とえびちゃんブーム。

この両者が受けるという風潮が、面白くもあり、反面しっくりいきません。

今は忘れられた「男らしさ」「女らしさ」への、わかりやすいノスタルジー。

強い亀田三兄弟。リカちゃん人形のようなえびちゃん。

彼らのことよりも、受けさせている媒体のことが気になります。

わかりやすいノスタルジー。
具象化された、シンボライズ化、カルカチャライズ化された、ノスタルジー。

ビジュアルで表現しやすく、見る側も即時に認識しやすいものです。認識ではあっても、感じることではなく、映像の商戦としてはリスキーではなく、リスキーではないということは、そもそもがケチな根性。

ケチで、わかりやすいものばかりになってしまっては、いい大人も子どもも育たないような危惧を感じます。

いいドラマを描きたいと思う心を、きらきら輝かせたい季節ですね!
[PR]
by nomelier | 2006-05-10 20:36 | Diary

桜のような女 梅のような女

b0058500_19451944.jpg
日本の花と言えば桜。

奈良時代は梅だったそうですが、桜への好みが定着していったのは平安時代になってからのこと。

江戸時代には桜の、「満開の美学」と「落花の美学」が、日本的な精神を顕すものとして好まれたそうです。

桜の花言葉は「精神美・優れた美人」。
梅の花言葉は「高潔・上品・忍耐」。

どちらの花が好きですか? 

日本の花と言われるだけあり、桜は誰しもが好ましく思える花ですね?

特に今年のようにいつまでも寒かった冬、日々の雑事に追われて自然とは遠い処であくせくすごし、ようやくそんななかで花冷えもすぎ、ふと突如、満開の桜に視界が奪われたときのカタルシス。なんとも言えない幸福感です。

私の好きな作家、宇野千代さんは、ご高齢になられるまで、パーティの席で桜の模様の振袖をお召しになっていました。多くの人に愛されている桜の模様の振袖を、オーラの気合いで着こなしてしまう格好いい精神性こそ、桜そのもののステキな作家でした。

宇野千代さんの小説では、「おはん」が一番好きです。

主人公、おはんは、梅の花のような女性だと思います。奥ゆかしい忍耐から芳しくのぼりたってくる情念。ぱっと咲き、潔く散りはしないけれど、静かに静かに情念を燃やし続け、そして、広い心で人を許す観音様のような微笑をも浮かべられる女性。この小説に登場する、もう一人の女性、おかよは、経済力もあり、この小説の語り部である男、「私」を養っているにも関わらず、「男がいなければ生きていけない」と、勝気な彼女は言い切り、あでやかでゆたかな焔で男を手放すまいと甘えます。

ある文章で宇野千代さんは、この小説に登場する、おはん、おかよ、二人の女性に翻弄される男「私」、この三人ともがご自身に内在していると書かれていました。

だからこそ、この三人の物語は読み流せはしません。

桜のような女。梅のような女。どちらが好きですか?

どちらが描いてみたいですか?
[PR]
by nomelier | 2006-04-12 19:46 | Diary

かわいい女

b0058500_19205496.jpg
退職八等官の娘オーレンカは、のべつ誰かを愛していた。

愛する人なしには、一時もいられない女であった。

愛した相手によって価値観も生活も変わり、しかし男たちはいつまでも彼女の前にいなかった。

二人の夫に先立たれ、次に愛した男には遠くに去られ、全てを失った彼女からは生きる意味さえ消え失せて…

チェホフの「かわいい女」はわたしの大好きな短篇小説です。

のべつ誰かを愛していたオーレンカを、愚かな女と思えなくて、この世で「かわいい女」とはなになのか、この世で愛するとはどういうことなのか、愛とは…と考えさせてくれるのが、この小説の魅力です。

「かわいい」という日本語が外国でクローズアップされているそうです。

ご存じ、ギャルが連発する「かわいい」。

語源は古語の「カホハユシ」。
顔がほてる、まともに見るに耐えないの意味から、相手を痛々しく思う意味へ転じたそうです。

大正時代、一世を風靡した竹久夢二。昭和の戦前戦後に人気を博した中原淳一。

葉書、便箋、封筒、栞など、彼らのかわいいグッズは乙女心をくすぐりつづけました。

この便箋でラブレターを書いてみたいと買ったものの、たいせつにしまっているだけで、使う勇気もでない切なさ… 

わたしたちのおばあさんやお母さんが娘だったころ、そんなかわいくて恥じらいのある乙女心が、夢二や淳一を崇拝しました。

今の時代、女子高生たちが「かわいい」を連発し、そして共通のどこやら売り手側を侮蔑した哂い声をあげる風潮からは、乙女心が消え去った淋しさを感じます。

乙女チックは、いずこへ。

「かわいい」を漢字で書くと、「可愛い」。
字のごとく、愛することが可能である。愛されることが可能である。

そんな意味で「かわいい女」と呼ばれたなら?
[PR]
by nomelier | 2006-02-09 19:23 | Diary

今年のあなた 来年のあなた

毎年、年の暮れに清水寺で発表される、「今年の漢字」。

今年は「愛」という字でした。

b0058500_20173813.gif
日本漢字能力検定協会が全国公募して決定。今年で十一回目だそうです。

過去の漢字は、95年「震」/阪神大震災。地下鉄サリン事件/96年「食」/O157による集団食中毒/97年「倒」/大企業倒産。銀行破綻/98年「毒」/和歌山毒物カレー事件/99年「末」世紀末/00年「金」/金メダル。金大中と金正日の初の南北首脳会/01年「戦」/アメリカ同時多発テロ事件/02年「帰」/初の日朝首脳会談。拉致された日本人5人の帰国/03年「虎」/阪神タイガースの18年振りの優勝/04年「災」/新潟中越地震。台風23号/05年「愛」/愛地球博。紀宮様の結婚。福原愛。愛の足りない事件。
と、過去の世相を反映する感じは、ほとんどが暗い漢字です。

今年の「愛」。連日報道される事件は愛の足りない事件というよりも、愛のない事件。

これから先も愛のない世の中が続いてゆく不安とともに、来年以降の「今年の漢字」が全て「愛」に決定しそうな予感すらします。

ミリオンセラーの「誰のために愛するか」(曽野綾子著)をひさしぶりに読みました。
若い頃に読んだのと、どのように読後感が変わっているのかを楽しみにしつつ… 

そして、ドラマの勉強を続けていて良かったと読後に思いました。

愛とはお金で買えるものではなく、出来あいのものでもなく、努力して育ててゆくもの。
ドラマの貫通行動と同じように、愛に向かう構成の波が、脳裏に浮かぶようになりました。

あなたにとって? 今年のあなたと来年のあなたを一文字の漢字であらわしたなら? 

わたしは仕事について、ときどきはしんどいと思うこともありますが、でもやっぱり楽しいと思う日がほとんどです。

それは、「夢」という字でいっぱいの人と毎日会えるからです。

来年もあなたと、「夢」いっぱいでお会いしましょう! 佳いお年を…
[PR]
by nomelier | 2005-12-21 20:18 | Diary

月の夜汽車

b0058500_2063026.jpg先日、秋メニューを料理しようと意気ごんで、栗おこわを作ったところ、渋皮にあたり、猛烈なジンマシンにやられてしまいました。

痒いし、熱も出るしと、ひとり部屋で心細い夜長をすごしていますと、美空ひばりの十七回忌記念歌番組をテレビでやっていました。

それにしてもこれは単なるジンマシンではなくて、本当は大病をかかえているのかもしれないなどと心細さは増すばかり。

すっかり落ちこんだ気分で歌に聴きいっていますと、その歌詞に、はらり、はらり、と涙がこぼれました。

月の夜汽車

いつも二人で遊んだ小川
月の光に照らされて
消えてゆきます 夜汽車の窓で
ひとり見つめてゆく私
ああ 月の光をひきずりながら
長い汽笛が むせび泣く


フォークの神さまと呼ばれた岡林信康さんが、多忙な都会生活を捨てて、田舎暮らしをされた数年後、ふっと、それまで大嫌いだった演歌に惹かれ、作られた歌だそうです。

はらりと涙とは、琴線にふれること。ドラマを観ていて、心の琴線にふれるとき。

それはきっと、主人公のどうしようもなく追いつめられた気持ちに、お客さんが擬似体感できるときなのでしょう。

外国ではコンピューターのプログラムにより、映画のクライマックスが作れる時代だといいますが、秋の夜長、パソコンに向かうのをちょっとやめて、孤独をみつめてみるのもいい。
[PR]
by nomelier | 2005-11-09 20:10 | Diary

マドンナ

b0058500_1847435.jpg上映期間中に観られなかった黒木和雄監督の「父と暮せば」をDVDで観ました。

井上ひさし氏の戯曲を映画化された作品です。

黒木監督には昨年、某所でご講演いただき、あらためて鑑賞していると、お人柄がふたたびじんわりと伝わってきました。

父と娘が思い出すクライマックスのシーン。父は広島でまともに被爆し、横にいた娘に自分をおいて、「逃げろ、逃げろ」と言いました。

娘は後ろ髪をひかれながらも逃げました。

そのことを娘は今も悔いていて、自分だけが生きていることを恥ずかしく思っています。

戯曲から映像へ。

この父が「逃げろ、逃げろ」というシーンを回想にすることはありがちでしょうが、INGの演技だけで撮られていました。

実際に多くの方が体験された被爆。回想にすることは、可能です。
でも、安易です。そのシーンを観ていると、涙がとまらなくなってきました。

木下恵介監督の「カルメン故郷に帰る」を観ました。

ご存じ、日本で初めてのカラー映画です。

田舎の駅に列車が着き、降りてきたストリップダンサーのカルメンと女友だち。
二人とも肌もあらわな極彩色の衣装。村人たちは沈んだ色調の野良衣装。
色彩だけでいかにカルメンがこの村で問題を起こすのかが伺い知れ、これから映画をワクワクして観ていける期待感でいっぱいにさせてくれます。

テレビがカラーになった時代には、アニメをカラーで観られるワクワク感に多くの子どもたちが包まれました。
技術の進歩は人に夢を与えるけれど、人を壊しもする。
そして、にわかづくりは、人を壊していく。

テレビで選挙の女性候補者を見ていると、そんな風に思えてきました。

刺客と呼ぶ方も呼ぶ方ですが、テレビ映りのための衣装や口紅のカラー選びに余念のない彼女たち。

ロック歌手のマドンナは格好いいけれど、やれやれといった気分になります。

人が壊れていきそうななかで、壊したくない気持ちはだれが埋めるのでしょう?
[PR]
by nomelier | 2005-09-01 20:37 | Diary