<   2006年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

昭和的人物像

b0058500_2035627.jpg
第29回日本アカデミー賞で最優秀賞を総なめした「ALWAYS三丁目の夕日」は昭和33年の東京下町が舞台。昭和は既にノスタルジーへ?

この頃、ゼミで濃い人物像がシナリオに登場してくると、若い人から「昭和的な人物像でした」という感想がでます。

懐古調すなわち昭和的。

懐古調になってしまうサイクルは本当に早いものだと思います。

ちょっと前までの懐古調とは、第二次大戦前、昭和初期の古き佳き時代でした。
もっとさかのぼれば大正浪漫。当たり前のようにそう思っていたのに、ついこの間まで私たちが生きてきた昭和が、既にノスタルジーになってしまっていることに少なからずショック!

わたしも「昭和的お婆ちゃんですなぁ」と呼ばれて、「ふんふん、あの頃はなぁ」なんて語っているような、あっと言う間にその日が来るような、焦りを!

「昭和的」というときのニュアンスとは? 路面電車や出始めのテレビ、冷蔵庫等は別として、昭和的人間とは?

団塊の世代が定年を迎え、センターにも団塊パワーが生まれるかも知れません。

団塊の世代を象徴する、濃い、熱い、人情味。
それは時代の感性とともに、紙一重の、暑苦しい、ウザッタイ、になってしまいます。

「昭和的」という言葉を調べていますと、昭和的イコール、アナログ的…とありました。なるほど、わかりやすいと思いました。
 
センターの新入生の資料請求も、昭和の時代は、切手を先に送ってきていただいて、その切手を使ってお送りするという、アナログ的なスタイルでした。

今は90%以上の方がインターネットで資料請求。
ポ、ポンとクリックすれば、それだけで資料がお手元に届きます。

それがいいことやら、悪いことやら… 明らかに、コミュニケーションは日々、少なくなっています。

あなただけの、昭和的人間を描いてみませんか?
[PR]
by nomelier | 2006-03-22 20:07 | Movie